豊富な魅力的な機能

一口にefoの機能といっても、多岐に亘っています。半角や全角などの文字制御を行う文字入力モード設定機能、フリガナを自動で入力するフリガナ入力機能、入力ミスがある状態で送信ボタンをクリックできないようにするエラー時送信ブロック機能などの魅力的な機能の数々は、訪問数を多くして途中離脱防止に繋がっていくでしょう。

efo対策を導入して基本的な設定を行うことで、コンバージョン率の高いフォームに改善されます。efoは導入するだけでも一定の効果を期待できるのは間違いありません。その上でパソコンサイトとスマートフォンサイトの抑えるべきポイントを考慮しての対応をすれば、さらに効果は高くなっていくでしょう。

Webサイトやランディングページにいくら費用をかけて制作するのは大切な要素であるものの、根本的な原因を見落としているからこそ、思っているほどの効果とはならない可能性は大いにあります。フォームまでたどり着いたモチベーションの高いユーザーをコンバージョンに結びつける施策をしていかないといけません。数多くのサイトが存在する中で、少しでも面倒で使い勝手が悪いと思った場合は、やはり途中離脱をしてしまうもので、問題がないかをチェックしないといけないです。

入力フォームの問題

入力フォームで途中離脱が発生する理由としては、入力に手間と時間がかかる、あるいは入力し直すといった入力ストレスが主です。使いやすいフォームにし、エラーが発生しないようにもしないといけません。コンバージョン率が高い入力フォームにするために、細やかな最適化をすることが大切になります。名前を入力した際に自動でフリガナが入力される、どれぐらいの必須項目があるかを明示する、入力漏れやエラーがある場合に送信ボタンをクリックできないようにするといった対応で、改善効果が大きく期待できます。

これらの点を考えるのなら「エフトラEFO」のようなサービスを活用することを検討してみると良いかもしれません。細やかな設定をするにしてもそう苦労はありません。その上で高い効果を発揮するため、魅力的に思う方も少なくないはずです。ツールとしての導入コストは高くはありません。

コンバージョン率が改善された上で流入施策を施せば効率的なマーケティング施策が可能となります。efo対策を導入するかどうかによっての結果の違いは実際に導入してみれば分かるでしょう。少しの工夫で頭を抱えていた問題を解決できる可能性はあるからこそ、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

efoとは

efoは問い合わせフォームや登録フォームの入力をアシストして、途中離脱を軽減させて申し込みを確実に完了してもらう施策となります。何も対策していないフォームの場合は多くのユーザーが離脱してしまうものです。ストレスを与えるエラーが頻繁に発生してしまうのは致命的といえるでしょう。Webサイトやランディングページにお金をかけたとしても、効果を最大化できない理由はここにある可能性は大いにあるといえます。モチベーションが高いユーザーを確実にコンバージョンに結びつける施策であるのがefoです

なぜ入力フォームで途中離脱が発生してしまうのか、そして入力フォームの最適化に力を入れないといけないのかといった点は軽視できません。もちろん、efoにはどういった機能が備わっているのかも知らないといけない部分です。

ツールとしての導入コストはそれほど高くはなく、efo対策は導入すべきかどうかを考えるべきといえるでしょう。同じ訪問数でも結果は2倍に改善されるのが大きなポイントです。コストパフォーマンスという面から考えても非常に優れているのは間違いありません。いかに訪問数を多くするかを考えるのはもちろん、訪問数を多くすると同時に途中離脱しないようにする努力も必要です。

当サイトではefoとはどういったものであるのかを詳しく解説しています。ウェブサイトを持っているのが当たり前となった中で、いかに効果を最大化させるかが重要で、efo対策を導入するのは大きなプラスになるといえるでしょう。